アンドロリックタブレット

不動産コンサルタントが教えるお部屋探しのコツ

部屋探しの時期、注意点は?入居審査の基準は?入居後の賃貸物件管理は?更新料は払わないといけない?

インテリア4_イエロー

部屋探しのコツ ≫ 2.来店予約。物件内見の予約。

予約してから来店しましょう。

不動産業者の選び方

不動産屋握手
<不動産業者を選ぶ> 
 お部屋探しのページにも書いていますが、業者ごとに雰囲気とか文化みたいなものがあると思います。同じ会社の中でも、多店舗展開している会社なら、店舗によっても違いがあります。一店舗しかない業者でも、担当してくれるスタッフによって違いがあります。
 口コミの評判は、不動産屋に関しては、飲食店などと同じ感じにはあてはまらないと思います。人の感じ方と自分の感じ方と違う場合が多いと思います。
 まず、自分の希望に合う物件があることが前提ですし、結局、何社か(3社ほど)訪問してみて、物件も会社も比較して自分に合うところを選ぶのがいいのではないでしょうか。

おすすめの曜日と時間帯

早めのご来店をおすすめします
 一番いいのは平日の午前中

 可能なら、火曜日から金曜日の午前中がいいです。月曜日は前日の日曜日に来店したお客様の処理が結構あったりしますので。
 午前中でも、営業開始時間と同時とかの早めの時間帯より、午前10時から11時頃の遅めの時間帯がいいです。朝一番の時間帯は、連絡とか打合せなど、済ませておかないといけないことがあったりしますので。それと、不動産屋の始業時間は、もともと遅いところが多いです。午前9時半とか、午前10時とか。
 引越しシーズン以外は、火曜日と水曜日お休みの不動産業者があるので、営業日は確認しておきましょう

土日祝日でも、やっぱり午前中
 土日祝日は来店するお客様の人数が多いので、不動産業者も気合入ってます。前もって予約していくなら、営業開始と同時でもいいですね。それに、シーズン中でも比較的すいています

この時間帯は避けたい
 土日祝日の午後3時頃以降は、飛び込み来店が多いですし、混み合うことが多いです。おすすめしません。その時間帯しか予約できないなら仕方ないですが、飛び込み来店などはやめておきましょう。
 どの曜日でも、午後5時頃来店して、物件の見学に行っても、その物件のちゃんとした日あたりが分かりにくいですし、内見中にすぐ暗くなってしまいますよ。季節によっては午後4時来店でも、お話ししてから移動して物件に着くと、もう真っ暗ってこともありますよ。


来店日時の予約を取りましょう。

スマホ検索1掲載
< 予約を取ってから来店しましょう>
詳しい理由は先の部屋探しのページで述べた通りです。

⑴あなたの希望に合う物件が無い場合、あなたが来店してから店員が物件を探すので、時間がかかります。賃貸で集客している業者は、「手持ちの物件がないのでお引き取り下さい。」とは通常、言いません。たいていは、「お待ちください。」と言い、インターネットや電話で、仲介可能な他社の物件を探し始めます。

⑵店舗スタッフに別の予定がある場合、しっかりと対応してもらえないことがあります。先約の来店者があれば、その方が優先になりますし、アポなし飛び込み来店者に対して割くことのできる手間暇は限られてきます。

 飛び込み訪問はしてもいいのですが、予約してから行った方が印象が良くなります。不動産会社のスタッフが、あなたのために時間を割いてくれます。
 
<日時の予約を入れましょう>
 主にメールか電話で確認を取ります。ファックスが使えれば利用してもよいでしょう。
 以下、当たり前のことかもしれませんが、あえて書きます。

 メールの長所・短所(ファックスも同じと思われる)
 ・長所は、相手と自分と、お互いに空いた時間に連絡できることです。
 ・短所は、お互いに、リアルタイムに返答できないかもしれない点です。
 
 ものすごく急いでいる場合は電話のほうがよいです。



 電話の長所・短所
 ・長所は、お互いにリアルタイムに連絡できることです。また、人によっては、声の調子で相手の感情などもつかみやすい点です。
 ・短所は、お互いに、手が空いていないと、応答できないこと。じっくり考えて返答できない点などです。

 忙しいときにタイミングが悪いと、スタッフが電話に出れないこともあります。
 来店までの日数的余裕を持って、まずはメールで連絡を入れ、質問事項があれば、まとめて聞いてみたらいいでしょう。電話は必要に応じて利用するのが理想です。
 最近は、来店まで1回も電話がなく、全てメールで連絡を済ませるお客様もいらっしゃいますよ。


業者はメール問い合わせをよろこびます

PC掲載
<うれしいメール問い合わせ>
 業者によっては、メール問い合わせの方が喜ばれます。
 上でも書いていますが、家賃管理や苦情対応などの管理業務を、営業と並行してこなしている業者は、忙しいときに、飛び込み来店などで自分たちの予定に割り込まれると、そのお客様に対して充分に時間を取れないことがあります。
 メールを頂き、空いた時間に、なるべく早めにご返事をさせて頂き、そのあとの、来店日時の予約につなげられた方が、業者としては計画的に動きやすいですし、そのお客様にご来店頂いたときに、充分な時間を使って仕事をさせていただけるというものです。
 対応するスタッフのお客様に対する心象もよくなり、入居審査がスムーズに運ぶきっかけとなります。


遠方に部屋探しに行く場合

旅行女性

<スケジュールは念入りにチェック>
 日帰りで行ける場所なのかどうか、よくスケジュールを考えておきましょう。
 贅沢を言えば、1泊するつもりで行った方がいいです。宿に帰ってから考えたり、当日の物件内見プラス、翌日の午前中に再度物件の内見をしてから決めるということもできます。焦って決めてしまうことも防げます。
 もし、順調に部屋が決まったら、引越し先の街を見て歩いたり、観光でもされてはいかがでしょうか。

 

「広告」

ホテル予約ならHotels.com
ホテル・旅館のご予約は [Yahoo!トラベル]





モバイルサイト

不動産コンサルタントモバイルサイトQRコード

不動産コンサルタントモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!